工事中のマンション

マンション工事に関する税務上の取扱い

ひび割れた外壁

不動産投資を行っている人達にとっては確定申告を自分で行う必要があることは認識している人も多いと思います。ただし注意しなければならないこととして、マンションの修繕工事があります。その修繕工事ですが、大規模になると一度に修繕費として経費に落とすことができず、場合によっては資産計上をする必要が出てくるかもしれません。
例えば、部屋を通常の元の状態に戻すといった通常のマンションの維持管理に対する修繕工事であれば修繕費になります。
一方で、新しく避難経路の階段を取り付けたり、マンション自体の価値を上げるような修繕工事を行った場合については、資本的支出に該当し資産計上しなければなりません。
この場合、マンションの修繕にかかった費用を一度に修繕費として経費に計上することはできず、該当する資産に計上し、法定耐用年数に基づいて数年間にわたって減価償却をしなければなりません。減価償却とは、長期間にわたって使用される資産を数年間にわたって費用配分を行うことです。
修繕費なのか資産計上なのかを判断することは専門家の立場でも考え方が異なる場合もあり、税務調査のポイントになる部分でもあります。
そのため、どういった修繕工事を行ったのかがわかる資料を専門業者へ依頼し、しっかりと準備できるよう心がけましょう。

オススメ記事

最新の情報

2019年07月12日
郊外のマンション工事の代表的な施工事例を更新しました。
2019年07月12日
マンション工事を行うメリット2つを更新しました。
2019年07月12日
修繕のために行うマンション工事をスムーズに進めるには?を更新しました。
2019年07月12日
マンション工事に関する税務上の取扱いを更新しました。